ワイン フランス料理etc


by bon1015m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

北新地 孤柳

和食 きがわのご出身らしい 岸和田にお住まいだそうです、きがわ
らしいお料理のかずかず、どれも美味しかったですよ 新地らしく出勤前のホステスさんとお客様の団体とご一緒しましたが、華やかでいいですね ただ目の前で焼いていた天然のうなぎがいつ出てくるか楽しみにしていたのですが、それは後のご予約のお客様の分でした 残念[#IMAGE|d0169870_13483027.jpg|201109/01/70/|mid|1632|1224#
[PR]
by bon1015m | 2011-08-31 19:17

オゼのランチ

d0169870_12115187.jpg

久しぶりにオゼのランチ、ラドワのミュラトッルガーの白ワインと頂いています。
[PR]
by bon1015m | 2011-08-31 12:18

新しいお皿

さいきん新しいお皿をふ何種類か買いました。そのうちの一つのお皿を使った[茶美豚のロースト
フルーツチャツネ マルサラソース]をご紹介シマス。シェフは大きい皿に絵を書けるのが好きなので喜んでいます。ちなみに泉南店ではお皿に呼び名をつけています、ちなみにこの
d0169870_8513483.jpg
皿は(コダマ)らしいです。
[PR]
by bon1015m | 2011-08-31 08:51

クイニーアマン

朝から作ってみました、クイニーアマン
カリカリしてます。フランスのブルターニュ地方の発酵菓子です
この地方のケルト人の言葉で[バターのお菓子]と言う意味だそうです。
d0169870_1630274.jpg

[PR]
by bon1015m | 2011-08-30 16:21

スペインワインの躍進

最近のスペインワインは、味 香り 酸のバランスが取れていてフランス料理に合わせても充分だと思っています。価格もリーズナブルなものも、けっしてフランス産にひけをとっていません。またスペインワイン勉強してみよう。
d0169870_11333656.jpg

[PR]
by bon1015m | 2011-08-30 11:33
t
d0169870_11165751.jpg
このムルソー美味しいと聞き買ってみました。そしてお客様にいいサービスができる様、試飲してみたんですが酸っぱい いつまでも酸っぱい、またカーブのなかでお休みいただきます。
[PR]
by bon1015m | 2011-08-29 11:22

すいかのケーキ

d0169870_2150484.jpg

最近作りったかったケーキ、スイカケーキです生クリームとスイカってよく合いますよ

お客様の評判も良いみたいです、珍しいだけかな(笑)
[PR]
by bon1015m | 2011-08-28 21:55
■コメント:1990年以来15年ぶりの超当たり年となった2005ヴィンテージに初めて造られた奇跡のキュヴェ。なんと,ドメーヌが所有するジュヴレィ・シャンベルタン域内の畑で栽培されるピノ・ノワールのなかで,ミルランダージュ(=結実不良)のブドウのみを選りすぐって醸造したキュヴェ。故アンリ・ジャイエがミルランダージュのピノ・ノワールをこよなく愛していたことは良く知られているが,ミルランダージュのブドウだけでキュヴェを造ったのは,長いブルゴーニュの歴史でも,これが史上初のことでしょう。至上最高のピノ・ノワールとされるミルランダージュ。神様アンリ・ジャイエの片鱗を感じさせるキュヴェです。

平均収量30ヘクトリットル。総生産量1,200本。新樽比率50%。使用する樽は,カデュス/Cadus社製のアリエ産とニエーヴル産のバリック。樽の焼きはアリエがミディアム,ニエーヴルがウェルダン。

ジャッキー・リゴーは,自著『アンリ・ジャイエのワイン造り』のなかで,ミルランダージュについてこう述べている:
・・・ミルランダージュは面白い現象であり,これが発生した果粒は,種のある普通の粒とは生理機能が大きく異なっている。ミルランダージュの粒は果肉が発達せず,その代わりに果皮に蓄えられる香り成分(ポリフェノール)が多くなる。ミルランダージュの年はいつも色が濃く,香りの赤いワインができるのであり,1978年,1988年,1995年などがそれにあたるだろう。ミルランダージュは,安定した濃い色,果実味,重厚なタンニンや複雑なボディをもたらしてくれるのである。ミルランダージュのもうひとつの利点とは,同じ房についている正常な果粒と比べてカリウム含有量が少ないことである。というのもカリウムは,ワインの酸味を保つ上でマイナスとなるからだ。ミルランダージュの比率が高くなると,ワインのpHを下げることができ,つまりは長期熟成が可能な卓越したワインになるというわけである。さらに,ミルランダージュはブドウの房内に間隔をつくり,空気の循環をよくしてくれもする。灰色カビ病の繁殖を防ぐことによって,こうしたカビに由来する悪い風味からワインを守り,間接的にワインの質を高めてくれる。
また,アンリ・ジャイエも同じ本のなかでこう述べている:
「最良のブドウとはミルランダージュが起きたものであり,そこからは色の濃い濃縮されたワインが生まれてくる」
「ブルゴーニュではミルランダージュが歓迎されているのだが,それはこの現象が起きると果肉がわずかしか発達せずに皮の部分が厚くなり,アロマ(ポリフェノール)が豊かになるからだ。ミルランダージュが起きたと誌には,色が深く,タンニンがしっかりしていて香りの高いワインが生まれる。」

まだまだ若い味わいが感じられますが葡萄自体のポテンシャルはたかそうで時間とともに美味しくなってきました。
d0169870_1523625.jpg

[PR]
by bon1015m | 2011-08-27 14:51
知り合いのパッチワークのポスターがてに入ったので店の絵替えてみました,
この絵全部ミシンで作っているそうです 作り手は酒井さんといってこの世界では有名な方らしいです。
以外と可愛いです
d0169870_11325131.jpg
d0169870_11322140.jpg
d0169870_1131083.jpg

[PR]
by bon1015m | 2011-08-27 11:33

ソムリエ試験1次突破

昨日 ソムリエ一次試験の発表があり、チポリーナのマネージャーが合格しました。オメデトウ
最近の問題はパパが受けたときよりは数段難しく、少し心配していましたが見事3回目で一次突破できました
自分の試験のときよりうれしいですね、あと二次試験もありますが問題なく合格するとおもいますよ
マネージャー本当におめでとう
[PR]
by bon1015m | 2011-08-25 17:28